「あ~、バイトが家で出来たら、出掛けなくていいし楽だよね~」

 

と思う事有りませんか?

 

出勤せずに家に居ながら、何ならパジャマ姿でも仕事が出来て、
おまけにしっかりと稼げたら、すっごくラクチンですよね?

 

 

自宅で好きな時間に働けるのなら、
自分のやりたい事だって、我慢しなくてもいいし。

小さな子供を抱えたママさんだって、自宅だと空き時間で仕事が出来ちゃう。

昼間、会社勤めのサラリーマンやOLさんだって、
自宅に帰ってからの時間で、お小遣い稼ぎだって夢じゃない。

 

最近は、パソコンやスマートフォンがあれば、様々なバイトが
出来る時代になっていますね。

 

色んな情報が溢れ、沢山の選択肢が有りそうですよね。

 

しかし、一見良さそうな仕事に見えても、
意外とがっかりする事も多いのが、今の在宅ワークの状況です。

 

 

今回、私の独断と偏見で、様々な在宅で出来る仕事をピックアップしてみました。

 

是非、参考にして頂き、
貴方にピッタリなアルバイトを見つけてみてくださいね。

 

 

在宅で出来るアルバイト種類別4選ご紹介

自宅で「ひたすら」作業するバイト

在宅で作業をして報酬を得るバイトとして、
「内職」というものがあります。

 

よく昔から聞くフレーズだと思いますが、
良くあるイメージだと「封筒貼り」や「ネジ留め」などでしょうか。

 

最近聞かれる「在宅ワーク」は、個人事業主に位置付けされますが、

「内職」は企業等から雇用されるものですので、置かれている立場が異なります。

更に厳密に言えば、
「家内労働法」に基づいて、労働環境が保証されているのも特徴です。

 

仕事の種類は様々で、
シール貼り・袋詰め・カプセル詰め・アクセサリー作り・・・
など、手作業でやるものが殆どです。

 

どれも、気軽に始められるというのはメリットですね。

 

報酬面では、作業をこなした数が、賃金となりますが、
作業の難易度によって、単価が1円未満の場合もあります。

 

時間の拘束は無いので、自分の空いた時間を利用して仕事が出来ますが、
とにかく数をこなさないと有る程度の報酬は見込めないでしょう。

又、作業量のノルマが課せられる場合も有るようです。

 

その他に、
研修として数日間は企業に通って仕事を習い、
その後は在宅で仕事をする、というケースも有ります。

 

又、在宅で作業をする関係上、
材料がダンボールで送られる為、それを置くスペースが必要だったり、

作業終了後の納品は、宅配の場合と、直接持ち込みする場合も有ったりと、
完全な在宅仕事とはならない場合も有ります。

 

内職のまとめ
メリット
・空いた時間を利用出来る
・気軽に始められる
・モクモクと作業をする人向き

デメリット

・比較的賃金は低め
・ある程度まとまった量をこなす必要がある
・材料などを置くスペースが必要
・納品などは出掛けないといけない場合がある

 

クラウトソーシングに登録してバイトする

最近「クラウドソーシング」という言葉を耳にする事が多いのではないでしょうか。
別名「在宅ワーク」とも呼びますね。

 

前述した「内職」の手作業とは違い、
パソコンを使った仕事を、個人事業主として受注し成果物を納品するものです。

 

又、内職とは違い、
在宅ワークは「下請法」が適用されますが、

最低賃金は保証されていないため、
受け取る報酬も、個人差が激しいものになります。

 

現在は、在宅ワークを紹介するサービスをする会社が数社あり、

特にIT関係の資格やスキルを持っている人には、
始めやすい仕事も多く紹介されていますね。

 

こちらの仕事は、自分の空いた時間を利用できる為、
時間の自由度は高いと言えます。

 

しかしながら、
「クラウドソーシング」に登録して仕事をしている人達全員が稼いでいる訳ではなさそうです。

 

単純に「この仕事がやってみたい!」と思っていても、
発注者側からスカウトされなければ、その仕事をすることは
出来ません。

 

その「スカウト」されるには、有る程度の実績を積み、
一定の条件を満たす必要があります。

 

一日5.6時間の作業を週5日続け、
やっと少ずづ認められるようになり、その頃から月に数万円の報酬が得らえるようになるようです。

 

ここで私が感じるのは、
「一定の条件を満たせる」のであれば、フリーランスとして、直接仕事を請け負った方が
良い稼ぎになるのでは?と思ってしまいます・・・。

 

因みに、この在宅ワークで稼げるようになった辺りの時給は平均500円位のようです。

 

クラウドソーシング(在宅ワーク)のまとめ
メリット
・自分のスキル・特技が活かせる
・空いた時間で働くことが出来る
デメリット
・誰でもある程度稼げる訳ではない
・仕事に応募しても全員がスカウト(採用)される訳ではない
・稼げるようになるまで、下積みの時間が掛かる
・毎日6時間・週5日の作業で、収入は10万円に満たない場合がある

 

自宅をオフィス代わりにして社員として働くもの

これも在宅ワークの一種ですが、クラウドソーシングとは違い、
企業からの雇用契約を結びオフィスではなく、自宅をオフィスにして働くものです。

 

仕事の内容としては主に、カスタマーサービスやテレフォンオペレーターなどが有ります。

 

自宅と言えども、時給制で働くので、何時~何時と決められた時間帯は、
常にデスク上のパソコン前にスタンバイしておかなければいけません。

 

又、業務に集中できる部屋の確保も必要になります。

 

休憩を取る場合や、急なお休みなども、本部への連絡などが必要になります。

 

申し込めば誰でも就ける訳ではなく、
キーボード入力の速度などのテストを受け、合格しなければなりません。

 

業務に必要な機材(主にパソコン)等は、貸与される場合もありますが、
インターネット回線の準備は自腹で、回線速度も一定の必要ラインをクリアする事を要求されます。

 

収入の面とすれば、他の在宅ワークよりも稼げますが、

在宅ならではの、
空いた時間を利用する、や、
在宅で他の用事をしながら出来る仕事、には程遠いものになります。

 

この仕事に向いているのは、

「自分の事だけやっていたら良い独身者で、通勤などで外出する事が難しい人」

なのではないかな?と感じます。

 

自宅をオフィス代わりに社員として働く まとめ
メリット
・時間給で働く為、ある程度の収入は見込める
・パソコン関係の機材は貸与される場合が多い為、自分で準備しなくても良い場合もある

デメリット

・在宅だが、オフィスは自宅になっただけなので、時間の拘束はある
・インターネット回線の準備は自腹
・有る程度のキーボード入力速度が求められる為、誰でも出来るわけではない

 

 

<番外編>注意危険:怪しめなもの・チャットやメールで会員とコミュニケーションをして報酬を得るもの

不要な場合はスキップ】
女性向けの仕事になりますが、先ず、怪しい職業です・・・。(言い切り)
又、よからぬ犯罪に巻き込まれる可能性も含まれています。(詐欺まがい)

 

スマートフォンを見ていると、「チャットレディ」という文字を見たこと有りませんか?

女性が、会員の男性と、話やメールのやり取りをして報酬を得られるというものですね。

 

広告は、なにやらソフトタッチなイラストや、怪しく有りませんよ的な写真で、
登録を促すようになっていますが、うっかり登録してしまったら大変です。

 

架空請求が届いたり、怪しいメールが届くようになったり・・など
「詐欺」に巻き込まれる可能性が出てきます。

 

一見、高給で安全、時間の自由が効く、のように謳っていますが、信じてはダメです。

 

顔を出さなくても大丈夫、と最初は言っていても、
次第に「顔を出した方が稼げますよ」や

「お客さんの要望に応えた映像だと稼げますよ」などと、
あらぬ方向になるのは必須でしょう。

 

そうなると、とんでもない結果を生む可能性大です。

 

一応、実際に稼げている人は居るようですが、どんな経緯でそうなったか・・・恐ろしい限りです。

 

近づかないのか身のためです。

 

怪しめな仕事のまとめ
メリット
・高時給・・・らしい(本当か?)
・安全に仕事が出来る・・・らしい(本当か?)
・簡単に収入が得られる・・・らしい(本当か?)

デメリット

・誰でも稼げるわけではない。(一部の人気者だけ・・らしい)
・顔を出して映像化しないと、お客が付かない・・らしい(顔出し必須)
・更には、その映像をお客が録画している場合があるらしい。(危険)

等、デメリット>メリット(ゼロ)

したがって論外。

 

 

完全な在宅で、成果報酬のチャレンジするのもあり

時間の自由が効いて、収入も見込め、顔を出さなくても良い、
誰だって稼ぐことが出来る(但し、正しい方法でやった場合
初期費用は、僅か。

そんな在宅でのバイトに挑戦するものあり、です。

そのバイトとは・・・ブログアフィリエイトです。

 

「ブログアフィリエイト」って、聞いた事ある人も多いかと思います。

又、「ブログアフィリエイトって稼げない」も聞いた事ある人は多いと思います。

 

しかし、本当は「ブログアフィリエイトは稼げます」

但し、正しい方法でやった場合の話です。

 

もしかしたら、ブログアフィリエイトを一度は検討した人もいるかも知れませんね。

 

しかし、多くの人は、
・「毎日、記事を2~3個は書かないといけない」
・「100記事を書いてからがスタート」

と謳うアフィリエイターの言葉を見聞きして、

ダメだ・・・自分には到底そんな事は出来ない。時間も作れない

諦めてしまっているのではないでしょうか?

 

しかし、そうではないのです。

 

毎日記事を書かなくても、     稼げるのです。
100記事なんて書かなくても、  稼げるのです。

大事なのは、「正しい方法で始めないと稼げない」という事。

 

案外、これが取り留めもなく難しい事だと思います。

何をどうする事が正しい事なのか?

 

ネットで調べてみても、色んな方法が紹介されていて、誰の記事を信じて良いやら、
分からなくとなると思います。

 

一番大切なのは、実際”本当に”成功した人を参考にする事、です。

 

しかし、本当に成功した人は、自分のやり方を公表はしません。

当たり前ですよね?やっと自分が成功できたノウハウを、そう簡単にオープンにする人は居ないでしょう。

 

しかし!朗報です。

・毎日記事を書かなくても大丈夫。
・100記事? 必要有りません。
・1か月2記事で、月収130万円を稼ぎ出した実績あり。

の内容を出版した

Amazon書籍
「1か月たった2記事だけ? 月収130万円 ずるゆるブログ作成術」

fa-diamondベストセラー3冠fa-diamondを獲得致しました!

 

「在宅でバイトをしたい。」

それも
fa-check好きな時間で、
fa-check顔を出さずに、
fa-check誰だって出来て
fa-check初期費用も1,000円足らずで、
  fa-checkあくせく働かなくても、ある程度の収入が見込める・・・

 

そんな夢のようなバイトをしたい人なら、是非チェックしてみて下さい!

 

ベストセラー3冠!1ヶ月1.6記事で月130万円を稼ぐブログを作る方法


1ヶ月たった1.6記事という「ゆるさ」を持ちながら、
月130万円というずるい金額を稼ぐ「ずるゆるブログ戦略」を解説した
ベストセラー3冠を達成した電子書籍がわずかワンコインで購入できます!

ベストセラー3冠!1ヶ月1.6記事で月130万円を稼ぐブログを作る方法

1ヶ月たった1.6記事という「ゆるさ」を持ちながら、
月130万円というずるい金額を稼ぐ「ずるゆるブログ戦略」を解説した
ベストセラー3冠を達成した電子書籍がわずかワンコインで購入できます!

おすすめの記事