PPCアフィリエイトでは売れる商品を見つけることが重要ですが
それなりにライバルも多いため、コンスタントに売れる商品を
毎日のようにぽんぽんと見つけるのはなかなか困難です。

そこで趣向を変えて、
「情報商材をPPCで売れないか?」と考えて出稿してみるものの
広告が停止されてしまう人が後を絶ちません。

何も考えずに情報商材を出稿すると、
ヤフープロモーション広告のアカウント評価が下がる可能性もありますし、
目視審査などが厳しくなるとの噂もあります。

ただ、現在私がやっている方法では、
広告出稿が問題なくできており、しかも売れてます。

ascsac
商品名や報酬額などの詳細はノウハウ部分なので、
ここでは記載できません。

紹介した商材が1つずつ売れて、合計報酬が9800円です。

また、ライバルも非常に少ないためCPCが1桁台で、
クリック率もノーメンテナンスで高い数字を出しています。
cascas

ここにノウハウを書くと確実に参入者が増えて荒れるため、
ここでは概要とヒントだけ書きますね。

PPCアフィリエイトで情報商材を出稿して稼いでいる方法

ある程度PPCアフィリエイトを実践している方なら
当然のように知っていると思いますが、

紹介する商品の販売ページで根拠の無い文章があると、
広告を出稿してもすぐに差し止めになります。

医薬品に認定されたものなどは、
「○○に効果が認められる」などと記載はできるものの、
それ以外の商品では「効果がある」と記載することはできません。

これは情報商材を出稿するときも一緒で、
「確実に稼げる!」といった表現は完全にNGですし、
過度に期待を抱かせるようなグレーな表現でもNGです。

つまりそのような販売ページではない商品なら、
PPCで広告出稿して稼ぐことが可能というわけです。

日ごろから商品選定に余念の無い方なら、
なんとなくもうおわかりかもしれませんね。

「情報商材だからダメ!」というわけではなく、
きちんとした表現の情報商材なら(今のところ)問題ありません。

どんな情報商材でも売ることができる方法

上記のように、適切な表現を使っている情報商材なら
基本的には問題なく広告を出稿することができます。

しかし良く売れる情報商材は、
良いことか悪いことかは置いておいて、
やはり過激な表現を使っている情報商材ですよね。

これはまだあまり出回っていないノウハウなので、
あくまでヒントにとどめますが、

PPCアフィリエイトでどんな情報商材でも売れる方法があります。
この方法ならヤフーの目視が入っても大丈夫です。

あくまでヒントです。

「あなたのサイト→情報商材の販売ページ」に飛ばすから、
あなたのサイトが悪い表現を使っているページに誘導していると捕らえられて、
広告出稿を差し止めされてしまうわけですよね。

あなたのサイトから直接情報商材販売ページに飛ばさなければ
当然ですが広告は出稿できます。

つまり、
あなたのサイト→○○→情報商材販売ページと
ひとつ何かを噛ませれば販売できるようになります。

その「何か」が重要になってくる部分ですね。
取り組んでみたい方はぜひ考えてみてください。

ノウハウが満載のアフィリエイト教材を無料で見てみませんか?

「ダウンロードしたその日に9000円稼げました!」

「間違いなく超有料級のアフィリエイト教材です!」

「画像の解説付きで初心者でもスムーズに進められました!」

など、喜びの声を多数頂いています。

ノウハウが超満載のアフィリエイト教材を無料で見てみませんか?

「ダウンロードしたその日に9000円稼げました!」

「間違いなく超有料級のアフィリエイト教材です!」

「画像の解説付きで初心者でもスムーズに進められました!」

など、喜びの声を多数頂いています。

おすすめの記事