Kindle出版 電子書籍出版

本を無料で出版することは可能なのか?

最近では、電子書籍の市場が著しい成長を見せていますね。

そのような背景もあって、誰でも本を出版できるようになりました。

しかも、無料で出版することが可能です

 

とはいえ、その方法を深く知っている人は、決して多くないでしょう。

本記事では、本を無料で出版する方法について、詳しく解説します。

本の出版を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

本を無料出版するなら、PODサービス

本を無料で出版するうえでもっとも現実的な方法として、
「POD」サービスを利用するというものがあります。

PODとは、「プリント・オンデマンド(Print on demand)」の略称です。

一言で言えば、「注文を受けてから本を印刷して出荷する」というサービスです。

 

従来、本の出版とは、「想定される売り上げ部数の分、製本しておいて、在庫として抱える」という方法を用いていました。

だからこそ出版する場合に、売り上げ部数分を製本する費用がかかってしまったわけです。

 

しかしPODであれば、注文が入らない限り製本しないので、費用はかかりません。

つまり本を出版すること自体は、無料で実現できるというわけです。

厳密に言えば費用が掛かるので無料というわけではありませんが、
本の売上が確定している以上損をするということは無いですね。

 

以下のような企業が、「POD業者」として、出版サービスを提供しています。

POD業者にサービスを依頼しておけば、注文が入り次第印刷してくれます。

売り上げのうち、POD業者ごとが定めている割合で、印税を受け取ることが可能です。

 

さらにPOD業者によっては、「電子書籍」での出版に対応しているケースもあります。

電子書籍であれば、POD業者も、製本費用をかける必要がありません。

 

したがってPOD業者を利用する場合は、電子書籍で出版するのがおすすめです。

電子書籍の執筆は、紙書籍を執筆する場合と比較して、やや難易度が低い部分もあります。

「本を出版したことがない」という人にも、ある程度は取り組みやすいと言えるでしょう。

 

PODを行っている会社

  • ムゲンブックス
  • BOOKS
  • NextPublishing

 

商業出版する

また、商業出版するという方法もあります。

商業出版とは、一言で言えば「出版社から本を出す」という方法です。

これであれば、印刷費用などは、出版社がすべて負担します

 

 

商業出版する場合、出版社に、本のアイデアを「出版企画書」という書類で提出する必要があります。

(あるいはコンテストで受賞するという方法もありますが、あまりにも難易度が高いので、ここでは割愛します)

そして編集者がOKを出せば、出版できるという流れになっています。

 

ただし、出版社から本を出すということは、決して簡単ではありません。

「商業」という言葉が使われているとおり、出版する本は、「出版社が利益を得られるもの」である必要があります。

 

利益が得られる本のポイント

  • 内容が面白い
  • 希少性が高く、他の本と差別化されている
  • 筆者自身、知名度と影響力を持っている
  • 他社が追随、あるいは模倣できない

しかしこれだけの条件を揃えられる人は、そうそういません。

特に「自身が知名度と影響力を持っている」という条件を満たされている人は、ほとんどいないでしょう。

 

というように、商業出版するということは、たいへん難しい部分があるのです。

それでも、可能性がないわけではありません。

自分自身のアイデアに自信があるなら、出版社に持ち込んでみましょう。

意外なことが、編集者からの興味を引きつけるかもしれません。

 

本の内容は、自分で考える

というように本を無料で出版するには、

  • PODサービスを利用する
  • 商業出版する

 

という方法があります。

とはいえ、ほとんどの人が、「商業出版するのは、かなり困難だ」と感じているでしょう。

したがってPODサービスでの出版を目指すことになるはずです。

なおかつ紙書籍よりも印税が多くもらえる、電子書籍で出版することをお勧めします。

 

ただしPODサービスを利用する場合は、商業出版したときとは違い、編集者などサポートする人間が付きません。

また出版社からのアドバイスや指示なども受けられない状態で、自力で本を作る必要があります。

 

しかし電子書籍を書くというのも、決して簡単なことではありません。

どうすれば売れる電子書籍が書けるのかじっくりと研究する必要があります。

 

電子書籍を書くためのノウハウについて書かれている書籍があるので、それらを参考にするとよいでしょう。

特に以下の書籍はおすすめです。

出版するうえで重要なことは、この一冊でほとんど学べます。

ベストセラー
Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法

私の4冊目となる電子書籍、 「Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法」 をリリースしました! アマゾン販売ページはこちら   大好評を頂いており、 販売直後から1位を獲得 ...

続きを見る

 

まとめ

 

従来では、商業出版以外に無料で出版する方法はありませんでした。

自費出版する場合、安く見積もっても、数百万円ほどの費用がかかります。

 

しかしPODサービスの登場で、本を無料で出版することは、かなり現実的になりました。

なおかつ電子書籍であれば印税率も高く、まとまった収入を得ることも可能です。

ぜひPODサービスを利用して、無料出版に挑戦してみてくださいね。

\記事が良いなと思ったらグッドボタンをポチッとな!/

  • この記事を書いた人

Mr.S

会社の代表やってます。

ブログアフィリエイトに関する著書
「1ヶ月たった2記事だけ!
月収130万円を稼ぐずるゆるブログ作成術」
は3つのカテゴリーで1位を獲得。

電子書籍出版に関する著書
「Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法」
についてもランキング1位を獲得。

指導者として活動しながら出来るだけ前線に立てるよう日々奮闘中。

おすすめ記事

1

私の4冊目となる電子書籍、 「Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法」 をリリースしました! アマゾン販売ページはこちら   大好評を頂いており、 販売直後から1位を獲得 ...

2

読者のみなさん、お世話になっております! Mr.Sです。   この度、私の書籍第3段となる 1ヶ月たった2記事だけ! 月収130万円を稼ぐずるゆるブログ作成術 をリリースし、リリース直後に ...

-Kindle出版, 電子書籍出版

© 2020 パソビジ!