情報発信ビジネス

情報発信ビジネスで稼ぐことは本当にできるのか?実際に稼いだ証拠と方法

情報発信ビジネスで稼ぐことは可能です。

なぜ言い切れるかというと私自身が情報発信ビジネスで稼いでいるからです。

例えばこのように1ヶ月で376万4034円を稼いでいたりしています。

 

情報発信で稼ぐには、SNSやYoutube、Line公式アカウントを使った方法や
私がやっているような電子書籍出版やメルマガ配信、ブログなどを使って、

ファンがほしいと思うコンテンツを有料で販売するという方法が一般的です。
詳細なやり方や考え方、初心者が成功する方法については後ほど。

 

情報発信ビジネスで私が稼ぐためにやってきたこと

情報発信ビジネスでどれくらい稼ぐことが出来るのか。
証拠を示すのが一番早いかと思います。

「さっきの画像はたまたま上手くいっただけじゃないの!?」

という疑り深い方も中には居ると思いますので・・・
他にも証拠をお見せしますね。

 

例えば過去30日のデータで、paypalだけで113万円。

 

同時期の別の収益源でも

87万円。

別のpaypalアカウントでも

これくらいの金額があります。

それ以外にもAmazonで電子書籍出版をした印税収入や、
銀行振込で頂いた金額もあるので追加で50万円弱の収入があります。

このように、複数のルートから情報発信ビジネスによる収入を得ています。

 

そんな私が今までどうやって稼いできたか、現在どうやって稼いでいるか
ご説明しましょう。

 

ブログを使った情報発信

私が一番最初に始めたのが、ブログを使った情報発信ビジネスでした。

それをしながら、ジャンルに見合った商品を紹介する
いわゆる「アフィリエイト」をしたことで収益化に成功しました。

実際には情報発信が先ではなく、

アフィリエイトできそうな商品を選ぶ→その商品と同じテーマの情報をブログで発信する

という流れで行ってきました。

 

メールマガジンを使った情報発信

次に行った情報発信はメールマガジンでした。

メールマガジン配信スタンドというサービスを使えば、誰でも簡単にメールマガジンを発行することできます。

情報発信で最強なのがメールマガジンと言われてから
はや10年くらい経ったでしょうか。

いろいろな新しい情報発信の方法が出てきた中で、
未だに最強の座に君臨しているのがメールマガジンです。

 

メルマガが最強と言われている理由

プル型(お客さんを待つ型)ではなく、
こちらから好きなタイミングでアプローチできるプッシュ型なので

多数の読者にこちらの好きなタイミングで商品の宣伝が行えるために
爆発的な収益を上げやすく

一度メールマガジン読者になったお客さんは
メールマガジンの購読解除をしない限り長い期間お客さんで居てくれるため
ネット上に「常連客」が居るような形になるから。

 

メールマガジンで情報発信をして稼ぐためにはメールマガジン読者のメールアドレスが必要なため、
そのような仕組みを作っていくことが必要になりますね。

私の場合はブログがあったので、最初はそれを使ってメールアドレスを集めていました。

 

手順としては

  1. まずは読者を集める環境を作る
  2. 商品を紹介するまでのメール原稿を書く
  3. 読者に対してメールを送っていき信頼を獲得してから商品を紹介する

といった具合でしょうか。

 

メールの内容で信頼を獲得するということを特に意識するのがポイントですね。

やはり信頼されていない人からのメールはただの迷惑メールですから、
その状態で商品を紹介しても買ってもらえる可能性は少なくなってしまいます。

できるだけ読者の知りたいことを書いてあげる、
読者の役に立つ内容を書いてあげるということを私自身今でも意識しています。

 

電子書籍を使った情報発信

電子書籍を出版することによる情報発信ビジネスも行ってきました。

「電子書籍の出版」とだけ聞くと、
「出版なんて私には無理無理!ハードル高いよ!」という反応をよくされます。

確かに書店に並ぶような「紙の本」であれば出版のハードルはものすごく高いのですが、
実は、電子書籍は誰でも簡単に出版することができるんです。

 

電子書籍出版が簡単な理由

  • 無料で出版が出来てランニングコストがゼロ
  • 内容の善し悪しによる審査が無い
  • ページ数や文字数の制限が無い
  • 出版社を通さずに個人でも出版ができる

 

このように電子書籍出版は、個人が簡単にできるものなんですね。

極端な話、原稿さえあればあなたが今日、
今からすぐに出版することも不可能ではありません。

それだけハードルが低い電子書籍出版ですが、
ハードルが低いことを知っている人はあまりいないので、

電子書籍でも「出版しています!」というアピールに使うことができるので
かなりおすすめな情報発信の方法の一つです。

 

また私自身、電子書籍を出版したことによる印税収入だけでも
月に20万~30万円ほど得ることができていますので、

情報発信の手段としても、収入面でもおすすめが出来るものです。

 

ということで、私が今現在もしている情報発信ビジネスは、

  • ブログ
  • メールマガジン
  • 電子書籍

こちらの3つになります。

YoutubeやSNSなどもやっていなくはないですが、
ただ動画をアップするための利用だったりと、情報発信ビジネスと言えるほどはやっていません。

 

情報発信で稼ぐ流れ~インフルエンサーの本当の価値とは~

インフルエンサーという言葉を聞くと、
最近はTwitterやInstagramなどのSNSで有名な人というイメージがありますが、

正しくは「世間に与える影響力の大きい人」のことを言います。

なので私自身、SNSは趣味程度にしか使っていませんが、
ブログやメルマガ、電子書籍出版といった情報発信で1万人以上と常に繋がっているので、
私も「インフルエンサー」ということになりますね。

 

情報発信をしてインフルエンサーとなり稼いでいく流れは
SNSでもブログでもメルマガでも電子書籍であっても
基本的な部分は同じです。

 

情報発信で稼ぐ流れは至ってシンプル。

 

情報発信で稼ぐ流れ

  1. お客さんや読者、フォロワーを集客する
  2. お客さんの属性にあった商品やサービスを紹介する

 

基本的な流れはこれだけで、
あとは紹介する商品を他社のものにしてアフィリエイトをするのか
それとも自社のものやサービスを紹介するのかの違いや

どのようにお客さんや読者、フォロワーを集客していくのかの違いがありますが
流れとしてはどのやり方でも基本的に同じです。

 

すごく簡単に例を出すとすれば、

・ワインに興味がある人を1000人SNSで集める

・そこでおすすめワインを紹介して紹介料を貰う

この2ステップさえクリアすることができれば
情報発信ビジネスで稼ぐことが可能ですよね。

このようなイメージを持って頂くとわかりやすいかなと思います。

 

そしてどの方法でも共通して大切になってくるのが「ブランディング」と言うものです。

 

情報発信をしてブランディングを行っていく

SNSでもブログでもどんな情報発信の方法であっても
ブランディングをしていくのは必要不可欠です。

ブランディングというと
「言葉は聞いたことあるけど説明は難しい」
という方も結構いらっしゃるのかな、と思います。

 

簡単に説明すると「ブランド力をつける」ということですが、
それだとちょっとイメージしにくいかと思いますので詳細にお伝えすると、

 

「自分はこういう人だというイメージを持って欲しい」
というビジョンを明確にして、

そのイメージを実際に持ってもらうために必要な情報発信を行っていく、
それが「ブランディング」です。

 

例えば、私がなぜ今この記事を真剣に書いているのか。

それはこの記事を読んでいただいているあなたに「情報発信ビジネスで稼ぐならこの人!」と
思ってもらいたいからです。

つまり私はこの記事でブランディングを行っています。

 

出版に関する電子書籍を書いたのも
「電子書籍のことならこの人!」と思ってもらうためですし、

ブログアフィリエイトに関する書籍を書いたのもブランディングのためです。

 

私の元に

「電子書籍出版について教えて下さい!」
「ブログアフィリエイトについて教えて下さい!」

という人が多く集まるのは、

ブランディングが出来ているので多くの方から
「電子書籍出版やブログアフィリエイトはこの人に聞けば間違いない!」と
私のことをそう思って頂いているからなんですね。

 

あなたが何かしらの情報発信ビジネスを行っていく場合、
「○○と言えばあなた!」と思ってもらえるようにブランディングをしていくことになります。

 

そしてブランディングにおいて知っておいて頂きたいこととしてあるのが、
「ブランド力がある=高級であったり特別な実績が必要」という勘違いがよくされているということです。

 

決して高級になる必要は無くて、
例えばユニクロで言えば「値段も手頃でそこそこ良い」というブランド力があります。
(人によっては違うと思いますが、だいたいこんなイメージがありますよね。)

ユニクロが高級ではないから人気がないかというと
そこらへんの高級ブランドよりよほど売れていますよね。

 

その他にも、何かしら大きな実績を残していないと
ブランディングが不可能かというとそんなことも一切ありません。

 

例えば「子供サッカー講師のプロ」というブランディングをしたい場合、
子供にサッカーを教える方法について

・ブログで情報発信
・電子書籍も出版する
・Youtubeで動画配信をする
・メルマガでも情報発信もする
・Twitterもやる

と、ここまでやったとして、それを見た人はどう感じると思いますか?

例え指導実績として圧倒的な成果が無かったとしても
「あ、この人って子供にサッカーを教えるプロなんだな」
と少なくとも感じるはずですよね。

 

ブログをやっているというだけでは印象薄いですし、
Twitterだけでも同様に印象には残らないかもしれません。

でもブログもTwitterもやって、さらにYoutubeでの動画も載せたり、
さらに子供サッカーについて書籍まで出版してメルマガでの発信も行っている。

ここまで徹底的にやっていれば「プロ」と感じる人が多いはずだと思いませんか?

もちろん実績があるに越したことは無いのですが
ブランディングの方法によっては、圧倒的で凄い実績を持つ方よりも
情報発信ビジネスで大きく稼げることすら充分にありえます。

 

もちろんここまで徹底的にやるのは相当大変なので、
自分のできる範囲でたくさん情報発信のチャンネルが出来ると良いですね。

 

実績がない人でも情報発信ビジネスで稼ぐノウハウについては後ほどステップ形式で解説しますね。

 

情報発信で稼ぐならまずはアフィリエイトでマネタイズ

情報発信で稼ぐためには、
何かしら発信した情報をお金に変えていく仕組みが必要になりますね。

ただただひたすらに発信したい情報発信をしていっても
お金にならなければ「ビジネス」とは呼べないですからね。

 

ここでは収益化の仕組みとして、
最も簡単と言われる「アフィリエイト」を使ったマネタイズについて触れていきたいと思います。

 

アフィリエイトとは難しく言えば「個人広告代理」という意味ですが
「お友達紹介制度」といえばわかりやすいのではないでしょうか。

あなたがなにかしらの商品を友だちに紹介することで
「○○円キャッシュバック!」というイメージですね。

お友達でなくても、不特定多数の人に紹介したとしても
実際に商品が購入されたら報酬がもらえるというのがアフィリエイトの特徴です。

 

例えば今、私がここであなたに「このAという商品が良いから買ってみて!」と商品を紹介して
あなたが購入してくれたとしたらアフィリエイトが成立したことになります。

私はAという商品を販売している会社からアフィリエイト報酬が貰えるという流れです。

 

このアフィリエイトを、情報発信をすることで集客できたお客さんに対して行うことで
稼ぐというのが狙いになります。

私が行ってきた情報発信ビジネスも、
まずはこのアフィリエイトでマネタイズを行っています。

 

例えばブログを使った情報発信ビジネスでマネタイズする場合。

「ブログアフィリエイト」という言葉もあるくらいですので一般的な方法ですね。

ブログ記事の中で商品を紹介することでマネタイズを行います。

 

先程から例に出している「子供サッカー講師のプロ」というブランディングをしている場合は
どのようにアフィリエイトでマネタイズできるかと言うと、

練習器具を紹介したりすることができますよね。

よくブログの途中でこのような商品宣伝がされているのを見たことがあるかと思います。
(記事の内容と関係ないためクリックしてもAmazonには飛びません)

このような商品宣伝を見た人がクリックをして、
実際に商品が購入されるとアフィリエイト報酬が獲得できるという仕組みです。

 

使っている練習器具は一つではないと思いますので、
自然な形で複数の商品を紹介できますよね。

 

他にも、メルマガの情報発信でアフィリエイトをする場合。

これもブログ同様にシンプルで、
メールマガジンの内容の中で商品を紹介すれば良いですよね。

「メルマガ読者限定でマル秘練習法教えます!
それは~~~~という練習法です!
必要な器具はこちら
→ 商品紹介用URL」

みたいなイメージです。

 

わざわざメールを開封しているということは
サッカーの練習法を熱心に知りたいと思っている人のはずですので
購入される可能性が高いはずですよね。

きっとあなたに届いているメールマガジンの中でも
開封するのは気になっている内容のものだと思います。

 

そして電子書籍出版をしてアフィリエイトする際もパターンはほとんど同じで、
書籍の内容に関連した商品を書籍内でアフィリエイトするだけです。

子供サッカーの練習法をまとめた書籍を出版し、
その中で練習器具やボールなどを紹介すればOKです。

 

ブランディングをしたそれぞれの媒体(ブログやメルマガや電子書籍やSNS)で、
関連した商品を紹介するだけで良いのがアフィリエイト。

これから情報発信で稼ぎたいという方は
まずこのアフィリエイトでマネタイズすることから初めていけると良いでしょう。

 

実績が無い初心者が情報発信で稼ぐ具体的な方法

すでに実績のある方であればここまで紹介してきた内容だけでも、
情報発信で稼ぐイメージが持てたかもしれません。

ただ情報発信で稼ぎたいという多くから、
「そんな人に誇れる実績なんて無い!」という相談をいただきます。

 

しかし私が多くの人をヒアリングしてきた結果としては、
情報発信が全く出来ないような人生を歩んできたという人はほとんどいません。

気づいていないだけで、情報発信ができるような知識や経験が見つかり、
それが複数あるというケースもかなりあります。

ここからは「実績がない」と思っている方でも
情報発信で稼いでいく方法を明確にしていきます。

 

最終的になりたい自分を明確化する

まずは、情報発信を通じて最終的にどうなりたいのかを明確にしましょう。

「こうなりたい!」という目標が無ければ、
情報発信をしていく根拠、ブランディングをしていく根拠がなくなってしまいます。

 

例え「こうなりたい!」という目標がお金でも良いのですが、
情報発信でお金を稼いだ先に何をしたいのかなどを深堀りしていくと
本当になりたい自分が見つかるということがよくあります。

 

本当になりたい自分の実例

  • 自分の考えを広めたいと思っていた
    (その結果稼ぐことが出来れば良いと思っていた)
  • 稼いで景色のきれいな家や高級な家に住みたかった
  • 世界を旅したいと思っていて、そのためのお金がほしかった
  • お金が原因で振られた人を見返したかった
  • 車が好きで高級車をコレクションしたかった

 

などなど。

 

お金というのは手段でしか無いですよね。
何かを買うための手段や未来に備える手段。

 

なんとなく稼ぎたいと考えている人は非常に多いのですが、
「ただ稼ぎたい」という根拠を元に情報発信やビジネスを始めて
目標達成が出来た方を今のところ私は知りません。

 

〇〇をしたいから。
○○な人間になりたいから。

だから情報発信で稼がなければいけないんだ。

 

このように情報発信を通じて稼ぐ理由を
しっかりと持っている人ほど成功率は高まります。

 

もしもあなたが、「情報発信で稼げたら良いな~」と
なんとなく考えているだけでしたら、

ぜひここで、稼いだ先にどのような自分になっていたいのかを
一度明確にしておくことをおすすめします。

 

もちろんどうなりたいかは、一つで無くても構いません。

稼いでこういう人になりたい、
稼いでこういうことがしたいなど

メモ帳にで良いので箇条書きにしておくと
いつでも見返せて便利ですよ。モチベーション維持に繋がります。

 

自己啓発書では「やりたいことリスト100を作ろう!」と言われたりしていますが、
なかなか現実的に100個も浮かばないと思いますので・・・

思いつく限りで良いので、どうなりたいかやなにをしたいかを
まとめておくとそれだけで成功にぐっと近づいていきます。

 

実績や経験を書き出しアピールポイントを探す

情報発信できるような実績や経験が無いと自分では思っていたとしても、
あなたの実績や経験は誰かにとっては羨むようなものである可能性はすごく高いです。

 

私が今まで相談を受けた方だと、
全く実績や経験が無いと思っていたけど、自己啓発書を50冊以上読んでいた方や
塾講師として子供に勉強を教えていた方や副業を実践していた方などがいます。

 

自己啓発書を50冊読んでいた方は、
「自分自身が大きな成功を収めていないから自己啓発について情報発信なんて出来ない」
という思い込みをしていました。

でも考えてみてください。
「50冊も同じジャンルの本を読んだ」というのは素晴らしい実績ではないでしょうか?

この方が情報発信をしていくとしたら
「自己啓発書を50冊読んでわかった成功に必要な共通事項とは」
といったようなものができますよね。

 

塾講師の方であれば「家庭で子供に勉強を上手に教える方法」を発信していけますし、

副業を実践されているならそれの方法をまとめたものやコツを発信していけるでしょう。

 

こんな実績や経験は情報発信ビジネスに役立たない、と思っていそうなものでも
少し視点を変えるだけで情報発信ビジネスが可能になるケースはかなりあります。

ですのでまずは、自分の実績や経験を「情報発信ビジネスに向いているかいないか」を気にせずに
とにかくできだけ多く書き出してみることをおすすめしています。

今までやってきた仕事での経験や趣味のこと、
普段の生活で意識していること、恋愛経験など、
とにかく思いつく限りメモ帳に書き出してみましょう。

それらを書き出したあとで、
その経験が誰かの役に立つのではないかという視点で見直してみてください。

 

プログラマーなら、これからプログラマーになりたい人向けにプログラミングの勉強法や、
プログラマーの仕事がどういうものなのか現状を伝えることで
プログラマーになりたい人に情報発信をしていけますよね。

熱帯魚飼育を趣味にしている人であれば、熱帯魚の買い方全般はもちろん、
水草の育て方や初心者におすすめの熱帯魚の種類など、熱帯魚を飼育している人や
これから飼育したいと思っている人に役立つ情報発信ができますよね。

普段から、朝30分の余裕時間を取っているという人であれば、
朝早起きをして自分時間を取る方法や、朝勉強することで資格を取って給料を上げる方法などを情報発信していけます。

 

このように、仕事や趣味、普段意識していること一つでも、
自分にとっては大したこと無いと思っていることが、誰かにとっては凄い情報である可能性は高いのです。

そのため一度先入観を捨てて自分の実績や経験等をとにかく一杯書き出すということをおすすめしています。

ひとつやふたつだけではなく、
誰かにとって役に立つような情報がいくつも見つかるはずですよ。

 

自分の経験や実績を組み合わせて唯一無二の存在になる

実績や経験を書き出してみて、情報発信ビジネスが出来なそうなものが見つかったら、
それと何かをかけ合わせられないかを考えてみましょう。

何かひとつに秀でた人というのはいくらでも居ます。

先程あげた例でいうと、プログラマーさんは世の中に本当にたくさん居るわけですから、
ただ単にプログラマーとして情報発信ビジネスをしていくのは、少し弱いと考えます。

 

そこで考えて頂きたいことは、
「何か実績や経験を組み合わせて情報発信できないか」
「他の人にはない特徴が無いか」
ということです。

それらを組み合わせることで、唯一無二の存在になることができ、強烈なブランディングに繋がっていきます。

 

例えば私の場合、ブログ副業に関する書籍を出版しているのですが、
そのタイトルは「1ヶ月たった2記事だけ!月収130万を稼ぐ【ずるゆるブログ作成術】」です。

私のブログの経験を電子書籍という形で情報発信ビジネスにつなげました。

 

ここでは「他の人にはない特徴が無いか」という点を意識しました。

私のブログをいろんな角度から見直してみたときに分かったことは、
ブログを開設してからの期間とブログの記事数を比較してみると、

平均して1ヶ月あたり1.6記事しか書いていなかったということです。

 

いろんな角度から他の人にはない特徴がないかを検証しましたが、
一番インパクトのあるものは、1ヶ月あたり1.6記事ということだったんですね。

それをわかりやすく「1ヶ月たった2記事だけ!」とすることで、
ほかのブログ副業の書籍との差別化を図りました。

 

あなたの実績や経験に関しても、いろんな角度から見直してみることで、
他の人にはあまりないような部分が見つかるかも知れません。

先程から例に上げているプログラマーであれば、

 

プログラマー差別化の例

  • プログラミング言語を複数扱える
  • 全くの未経験からいきなりプログラマーとして就職した
  • 残業のないホワイト企業で高い年収を貰っている
  • ブラック企業からホワイト企業へ転職ができた

 

などなど・・・。

 

プログラマーとしての実力や就職時の経験、転職経験や働き方、年収など
ただ「プログラマー」という経験の中にもいくつもの差別化ポイントがあります。

その中から、他の人があまり経験しておらず、
なおかつその情報を伝えることで受け取り側がメリットになるようなものを選択します。

そうすることで他の人が行っていないような独自の情報発信ビジネスが出来るので、
同じプログラマーというカテゴリの中でも「○○のプログラマー」という肩書ができ唯一無二の存在になれます。

 

例えばですが、本当にたくさんのお医者さんがいる中で
テレビのワイドショーや健康系の番組に出られるお医者さんは本当に一握りですよね。

そういったテレビを見ている人はわかると思いますが、
複数の番組を見てみても出ているお医者さんはほとんど一緒なんです。

 

ではなぜ特定のお医者さんが複数の番組に何度も出演出来るかと言うと、
そのお医者さんが「何かしらに特化しているから」なんですね。

感染症に特化している人、病気の予防に特化している人、美容に特化している人、筋肉に特化している人・・・

同じお医者さんであっても、差別化が出来ていて、
唯一無二となっている人がテレビに出られているわけです。

 

それと同じで、あなたの実績や経験から情報発信をする時も
何か特別な面が無いかを検証して、どこかの面で唯一無二になると圧倒的に有利になれます。

実績や経験を複数組み合わせられないか、
実績や経験を俯瞰して見た時に他の人にはない面が無いかを考えてみましょう。

 

誰に向けて情報発信をするか決める

情報発信ビジネスは「自分の発信したい情報を発信すれば良い」というわけではありません。

ただ自分の発信したい情報だけを発信していくのはただの「自己満足」でありビジネスとは言えないですね。

情報発信ビジネスで稼いでいくためには、自己満足ではなくて
「誰かにとって必要な情報を発信していく」ということを意識する必要があります。

 

需要のある情報を発信していく。ビジネスの基本中の基本ですね。

需要のあるモノやサービスしか売れないということを考えると情報発信ビジネスも同じで
需要のある情報を発信していかなければ人がある集まることはなく、結果として稼ぐことも難しくなります。

 

そこで意識したいことは「誰に向かって情報発信をするのか?」ということです。

 

情報発信ビジネス界では「多くの人に向けた文章より誰か一人に向けた文章のほうが結果的に多くの人に心に刺さる」と言われています。

より多くの人に刺さるような文章にしようとすると、
結果的に誰に何を伝えたいかがぶれてしまうということがよく起こります。

 

以下の2つの文章を比べて、どちらの文章がより情報発信ビジネスで稼げると思いますか?

「あなたの結婚をしっかりサポート!高い成婚率を誇るサービスがあなたの結婚を一歩前に進めます」

「40代の真剣な出会いをサポート。40代どうしの成婚率○○%を誇るサービスです。」

前者は全世代の多くの人に向けて婚活サービスを紹介している文章になりますが、
この宣伝文を見て「私にぴったりなサービスだ!」と思う可能性は低いと思いませんか?

 

確かにどの世代の人にも当てはまるような文章になっているので、
ターゲットの多さで言えば圧倒的に多いのですが・・・

それゆえになんとなくふわっとした宣伝文になってしまいイマイチ心に刺さってこないですよね。

 

後者は40代の婚活をしたい人に刺さる文章になっています。

ターゲットは狭くなりますが、40代の人は前者よりも後者のサービスを圧倒的に信頼しますよね。

このように、ふわっとした文章で情報発信をするよりも、
特定の人に刺さるような文章にしたほうが、

ターゲットが狭かったとしても、
結果的に多くの人に利用される可能性が高くなります。

 

そのため、ふわっとしたターゲット設定にするのではなく、
あなたの発信する情報に興味がある人に刺さるようなターゲット設定にしましょう。

 

情報を受け取りたい人が何に憧れを持つか分析する

情報発信ビジネスで稼ぐためには、
あなたがお客さんにとって憧れの人になることが大切です。

あなたのような憧れの人になりたいからこそお客さんはあなたの発信した情報を信頼し、
そしてあなたがおすすめするモノを買ったりあなたがおすすめするサービスを利用するわけです。

 

「あのモデルさんみたいな美肌に憧れる!」という方は、
そのモデルさんがおすすめしている化粧水やスキンケア用品を、多少高くても買ったりしますよね。

 

ほかにも憧れのスポーツ選手が使っているのと同じ用品を使うといったケースもあると思います。

私もテニス選手のスタン・ワウリンカという選手に憧れていて、同じラケットを使っています。

 

憧れの人になるためには、あなたがターゲットとしているお客さんが
「どのような人に憧れを抱くのか」を考えなければなりません。

 

ここでまず覚えておいて頂きたいことは、
お客さんが憧れる人というのは必ずしも
「圧倒的な実績がある人(その業界で1位の人)」ではないということです。

 

もし私が圧倒的な実績を持つテニス選手、世界で1番強い選手が好きなのであれば、
世界ランク1位のジョコビッチや大会優勝数の多いフェデラーといった選手に憧れを抱いていると思いますが、
私が好きで憧れているのはワウリンカという世界ランク17位の選手です。

あなたもジョコビッチやフェデラーという超有名選手の名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんが
ワウリンカという名前はおそらく知らないのではないでしょうか。

そんな選手になぜ憧れているかというと、
「豪快なバックハンドストロークを打つから」なんです。

 

「その業界で1位の人しか憧れられない」という思い込みを持ってしまう方が多いのですが、
もしそんな世の中なら1位以外の人は生きていけなくなってしまいますよね。

 

私も情報発信ビジネスや副業といったお金稼ぎに関することを指導していますが、
もし「1位の人しか憧れられない」なら資産世界一のジェフ・ベゾス(Amazon創設者)しか憧れられないということになり
私のビジネスは存在すら出来なかったことになります。

 

あなたが発信したい情報に興味を持つ人が憧れるポイントというのはいくつもあるはずですので
そういった点を意識しながら「どんな部分に憧れるか」を考えてみましょう。

ここまでの過程でどのような実績や経験を誰に向けて発信をするかを決めてきましたので、
あなたの情報を発信していくターゲットがどのようなポイントに憧れるかを逆算して、
そのアピールポイントを前面に打ち出していきましょう。

 

私が出版した電子書籍の「ずるゆるブログ作成術」を出版したときは、
アピールポイントとして以下のようなものを採用することにしました。

・1ヶ月あたり1.6記事しか書いていない

・月130万という実績

1ヶ月あたり1.6記事しか書いていない、というのはブログアフィリエイトをしている人の中では
少ない記事数と言えます。

毎日記事を書かないといけないと言われているブログアフィリエイト業界では
差別化になるのでここをアピールポイントとしました。

 

月130万、というのはそれなりの良い数字に聞こえるかもしれせんが
ブログマーケティングで億を稼ぐ人も居ますので、実績としては中途半端です。

ですがブログアフィリエイトで稼げていない人は月に10万でも20万でも稼げることに憧れを抱くはずのですので
億を稼ぐという多くの人が非現実に感じる実績を持つ人達を無視して130万という数字を採用しました。

あなたが発信する情報を見たい人が一体どんなポイントに憧れるのか。

それを出来るだけ多く箇条書きにしてあなたが有利になれるポイントを探してみましょう。

 

情報を受け取りたい人の憧れの存在であることをアピールする

あなたが情報発信していく人がどのようなポイントに憧れるかを把握したら、
その憧れるポイントについてアピールできるようなことを徹底的に考えていきましょう。

「こいういうポイントがアピールできるかも」と思えるポイントがあったら、
そのポイントをさらに魅力的に伝えられる方法や文言がないかを書き出していきます。

 

先程も例に出した私の書籍「ずるゆるブログ作成術」だと、
1ヶ月あたり1.6記事という記事数で稼げる方法というアピールポイントがあったので

そのアピールポイントを強調できる方法が無いかを考えました。
イメージとしては言い方を変えるということです。

私がずるゆるブログ作成術を出版するときにアピールポイントとして候補に挙げたのは以下のとおりです。

 

ずるゆるブログ作成術のアピールポイント

  • 少ない記事数でも稼げる
  • 隙間時間に記事を書いていくことで稼ぐ
  • 毎日記事を書かなくて良い
  • マイペースに実践できる
  • 1PVあたり325円を達成した
  • 副業でも130万が可能
  • ブログを量産しない
  • 努力が報われやすい

 

こういったアピールポイントの中でより憧れられるような部分はどこなのか、
より憧れられるために伝え方を変えられないか、工夫できないかを考えます。

 

このようにアピールポイントを書き出した結果、書籍のタイトルを
「1ヶ月たった2記事だけ!月収130万円を稼ぐずるゆるブログ作成術: 毎日記事を書かなくても副業でしっかり稼ぐ!1PV325円を叩き出すブログアフィリエイト戦略」
に決定しました。

 

ブログでも書籍でもタイトルが非常に重要になりますので、
できるだけインパクトのある数字やインパクトのあるフレーズを盛り込むことで、
「私にはこんな憧れポイントがありますよー!」ということをわかりやすく伝えていきます。

タイトルを見ただけでも「こんな風になりたい!」と思ってもらえたら、
書籍も読んでもらえるしブログの記事も読んでもらえるし、メルマガもしっかり開封してくれます。

 

その他にも、例えばブログでプロフィールページを用意しておくと良いですね。
これが意外と読まれます。

私のサービスを利用してくれた方たちから、
「プロフィールページを見て共感したので参加しました!」
というメッセージを結構な頻度で頂いていますので、

しっかりしたプロフィールページが一つあると信頼感に繋がっていくので準備することをおすすめします。

 

役立情報をコンテンツ化して販売する

収益モデルの話になります。

一番難易度が低いものは先程解説したアフィリエイトになりますが、
さらにもう一歩本格的な収益モデルの構築を目指していきましょう。

 

まずは取り組みやすい収益モデルとして
「役立つ情報をコンテンツ化して販売する」という情報発信ビジネスがあります。

コンテンツ化にはいくつか方法がありますが、
簡単にできるものがあります。

 

魂胆にできるコンテンツビジネス

  • 電子書籍出版
  • noteで有料コンテンツ販売
  • 動画

 

というものがあります。

 

私の友人で甲子園に出場したことがある方は、
野球の練習法を動画で撮影しそれを販売、さらにお客さんが練習の様子を撮影し
それにアドバイスをするというサポートも行うことで月に100万円近くを稼いでいたそうです。

また私と同じように電子書籍を出版することで印税収入を得ていくのも良いですし、
noteというサービスを利用して有料記事を販売していくのも手軽にスタートできて良いですね。

電子書籍の出版方法は以下の書籍を参考にしてください。

Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法

 

このようにあなたの持っている実績や経験をコンテンツにしてひとつの商品を作り、
ブログやメールマガジン、あるいは電子書籍内で商品を紹介するなどをして宣伝していきましょう。

 

オンラインサロンやコンサルティングで収益を格段に増やす

さらに収益を増やしていくためには、オンラインサロンやコンサルティングという方法があります。

月額制のオンラインサロンやある程度まとまったお金を頂いての個別指導コンサルティングのようなサービス展開をすることで、
情報発信ビジネスの収益を大幅に増やすことも可能になります。

 

私自身、前項のコンテンツを商品とする方法もやっていますし、
オンラインサロンもやっていればコンサルティングもやっているのですが、

全部の収益を10とすると

・コンテンツ販売=1

・オンラインサロン=3

・コンサルティング=6

くらいの比率になっています。

 

コンテンツ販売だけだったら1だった収益が、
オンラインサロンとコンサルティングを展開することで10にまでなっています。

 

オンラインサロンやコンサルティングのイメージとしては、

月額制で料金を頂くことで常に最新情報を配信していくようなオンラインサロンがわかりやすいでしょうか。

 

例えば某芸能人は月額880円で週に1度のメルマガを配信しています。
かなり安い金額ですが芸能人だからこそ大量に集客が出来て成り立っているという感じですね。

 

これからオンラインサロンをやるという場合は、
よほど集客がうまくなければ月額料金を上げないとまとまった収益になりにくいため
できるだけ付加価値を付けてお得感を出していきたいところです。

3日一度の配信にしたり、メールでのサポートを準備する、月に1度の個別アドバイスをするなど
そういったサービスを準備することで月額料金が多少高くても
サービスの内容からすると割安感のあるサービスにできます。

月1万円のサービスであれば、たった20人集客するだけでも月20万の収益になります。

多少の手間がかかることであってもサービス価格を上げるためのサポート等を準備したほうが
結果的に多くの金額を稼いでいけるようになる可能性は高いでしょう。

 

そしてコンサルティングはさらに上級サービスと考えるとイメージしやすいかと思います。

いつでも利用して良い個別サポートや電話サポート、オンライン通話などによる直接サポート、
特別なノウハウやツールなどの提供などを行うことである程度まとまった金額を頂くイメージです。

 

イメージとしては、CMで有名な某ダイエット指導サービスを意識していただけるとわかりやすいですね。

週に数度の運動指導+LINEを使った食事制限指導といったサービスを付けることで、
たった2ヶ月のサービスでウン十万円という高い指導料でも成功しました。

 

それと同じで、直接的な指導や細かなサポートを準備することで、
まとまった金額を頂いていくというのがコンサルティングです。

私が行っているコンサルティングですと、6ヶ月間のサポートで30万円という金額を頂いているので、
月に5人コンサルティング生徒を獲得することができれば月150万円の収入となります。
※コンサル内容によって料金は変動します。

 

高単価サービスを準備できれば、月に1人、2人しか利用者を獲得できなかったとしても
まとまった金額の収益を獲得できるようになるため、できれば高額サービスを準備するほうが良いと思っています。

あなたが出来る限りのサービスを準備して、それをコンサルティングとして販売するのをおすすめします。

 

情報発信ビジネスを継続するコツ

たくさんの方を指導してきたからこそ言えることは、
「大体の方は結果が出る前に情報発信ビジネスを辞めている」ということ。

情報発信ビジネスは継続することが大切です。

 

例えば私は今、メルマガで約1万人に対して情報発信をすることができてそれで稼いでいますが、
普段は1日あたりのメルマガ読者増加量はおよそ10人です。

ときには一気に大量に読者を集めるということもしてきましたが、
単純計算で3年近くは掛かっているということになります。

 

ここで覚えておいて頂きたいことは、
「あっという間に成果を出せて夢のような生活を送られうようになる!」
という幻想を捨てていただくことです。

 

もちろん、半年や1年間で私より遥かに大きな金額を稼いだ人も知っていますが、
そういう人はもともと別のビジネスを行っていたりして、
余裕資金が数千万円以上あるような人だったりします。

その資金を一気に大量投入することで短期間で一気に成果を上げるのです。

あなたに真似できるほどの資金力があるのであれば、
費用対効果の高い投資になることは間違いありません。

 

そうではない、いわゆる普通の方であれば、
あまり資金もないためゼロからコツコツと始めていく必要があります。

例えば最近、私の指導の元で情報発信ビジネスをスタートさせた方は
諸々の準備をしてから一般の方にお披露目をするまでにおおよそで5ヶ月ほどの時間を要しました。

そこから1ヶ月で60万円以上の成果を生んだためそれなりの成功は収めることが出来ましたが、
5ヶ月間は収益が上がらないままコツコツと頑張っていたんですね。

 

情報発信ビジネスはたしかに大きく稼げる夢のあるビジネスですが
「とにかく稼げるんでしょ!じゃあやる!」というマインドだと、
裏側の地味さ、コツコツさを知ったタイミングで夢と現実のギャップに悩みすぐに辞めていってしまうのが関の山です。

 

ここまで情報発信ビジネスの方法を解説してきたものを見てきていただいているので、
ここまで気軽なマインドで実践を始める人はいないかと思いますが、
大きな成果の裏には地味でコツコツとした作業が待っているというマインドを持っておくと、情報発信をコツコツと継続できることでしょう。

ビジネスでもスポーツでもそうですが、
派手な成果の裏には地道な努力があることはあなたもご存知のことだと思いますので、
あなた自身が派手で大きな成果を出していくために地道な努力をしていきましょうね。

 

文章の完璧さを求めないでまずは気軽に発信する

情報発信は完璧さを求めずに、まずは気軽に発信していくという心構えがおすすめです。

 

誰しもがそうだと思いますが、最初から完璧な文章なんて書けないですし、
私が今書いているこの文章も、きっと期間をあけて見直してみたら
「ここはこういう文章にするべきだったよなぁ」と思う箇所がたくさん出てくることでしょう。

 

私が過去に書いたブログを読み直してみても、
「これはひどいな・・・」と思う記事がたくさんありますよ。

逆に、昔に書いた記事を読んで
「今の私には書けないほどキレッキレな文章だな」と思う記事もあったりします。

 

つまり情報発信ビジネスに「完璧など無い」のです。

 

それにも関わらず特に初心者の人ほど自分の書いた文章に自信がないために、
何度も見直したり公開を躊躇してしまい情報発信量が減ってしまいます。

大体の文章は後から修正ができますし、気に入らなければ削除することもできます。

 

文章の完璧さやクオリティは最初はそこまで気にせずに、
情報発信量を増やすことでより多くの人にアプローチしていくことを優先したほうが良いでしょう。

そうしていく中で反応の多かった文章や検索で上位表示された記事の文章を分析して
これから情報を発信していく際の文章を決めていくという流れが良いですね。

 

最終的にどこで収益化できるか逆算してから情報発信ビジネスを始めよう

ブログやメールマガジン、SNSを使った情報発信はただやみくもにスタートをして集客をしたとしても、
収益化できる仕組みがなければ意味がないですよね。

情報発信ビジネスを行う以上は収益を上げることが目的のはずですので、
目的である「収益化」を達成する部分からまずは逆算して考えましょう。

 

アフィリエイトを行うなら、誰のどんな商品を紹介して収益を上げるのか。

自分でサービスを準備するなら、コンテンツをまとめたものを準備するのか、
オンラインサロンやコンサルといったものにするのか。

 

サービスを準備するならそのコンテンツ制作をまず行っていく必要がありますね。

 

情報発信ビジネスで行っていくものの難易度は、

コンテンツ制作 > セールスページなどの準備 > ブログなどによる情報発信

なので、始めやすいのは難易度が低い順からですが、
実際に行っていく順番はその逆で、

 

情報発信ビジネスで行っていくものの順番

  1. コンテンツ制作
  2. セールスページなどの準備
  3. ブログなどによる情報発信

 

となります。

 

コンテンツやセールスページといった、
収益化に直接関わるところをまずは制作していきましょう。

繰り返しになりますが、収益化できない状況なのに集客をしても意味がないからです。

収益化できる仕組みがあるからこそ、
集客をして実際に収益化をするということが可能になりますので
まずは収益化の仕組みを作るところから情報発信ビジネスをスタートさせていきましょう!

 

コンサルの依頼・お問い合わせはこちら

 

\記事が良いなと思ったらグッドボタンをポチッとな!/

  • この記事を書いた人

Mr.S

会社の代表やってます。

ブログアフィリエイトに関する著書
「1ヶ月たった2記事だけ!
月収130万円を稼ぐずるゆるブログ作成術」
は3つのカテゴリーで1位を獲得。

電子書籍出版に関する著書
「Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法」
についてもランキング1位を獲得。

指導者として活動しながら出来るだけ前線に立てるよう日々奮闘中。

おすすめ記事

1

私の4冊目となる電子書籍、 「Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法」 をリリースしました! アマゾン販売ページはこちら   大好評を頂いており、 販売直後から1位を獲得 ...

2

読者のみなさん、お世話になっております! Mr.Sです。   この度、私の書籍第3段となる 1ヶ月たった2記事だけ! 月収130万円を稼ぐずるゆるブログ作成術 をリリースし、リリース直後に ...

-情報発信ビジネス

© 2020 パソビジ!