情報発信ビジネス

おすすめの情報発信方法4つをご紹介!選び方3つや注意点も解説

この記事は「おすすめの情報発信方法が知りたい」「情報発信力の選び方が知りたい」という方に向けて書かれています。

情報発信で認知度を高めたいけど、どのように情報発信すれば良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの情報発信方法4つや情報発信方法の選び方3つ・注意点を紹介していきます。

記事を読むことで、的確に情報を発信する方法が身に付くので、これから情報発信力を高めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

 

おすすめの情報発信方法4つ

情報発信する方法はたくさんあるため、どの情報発信方法を使えば良いのか分からない方もいるでしょう。

そこでここでは、おすすめの情報発信方法として以下の4つをご紹介していきます。

  1. Webサイト
  2. ブログ
  3. SNS
  4. 紙媒体

1つずつ順番に解説していきますので、これから情報発信をしていこうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

おすすめ情報発信方法1:Webサイト

1つ目のおすすめ情報発信方法は、「Webサイト」です。

Webサイトは、自社のホームページなどを作り、情報を発信していくツールのことを指します。

企業の場合だと、Webサイトに会社の理念や実績・問い合わせ先などを記載して発信するものがほとんどです。

従業員の紹介やお店の雰囲気なども、写真付きで載せるといいでしょう。

また、会社が開発した新商品やキャンペーンやイベントの案内・金額など、とにかく会社にまつわることで、見ている人に知ってほしいことを書き込んでおくと良いです。

更新頻度は多くなくても良いですが、イベントやキャンペーンなどの新着ニュースがあるときには更新するようにしましょう。

ターゲットは、主にその会社の製品やサービスに関心がある人です。

 

おすすめ情報発信方法2:ブログ

2つ目のおすすめ情報発信方法は、「ブログ」です。

Webサイトと使い方はほぼ同じですが、強いて言うなら、個人が情報発信する方法だと言えます。

最新のニュースや、誰かが知りたいと思っている疑問に答えられるような内容の記事を書いて、情報を発信していく方法です。

日記形式で書くこともありますが、だらだらと日常を書き綴るだけでは意味がありませんし、芸能人や有名人でもない限り、誰も興味を持ってはくれません。

そのため、読んでくれる人のためになるような記事を書きましょう。

また、毎日とは言いませんが、できるだけ早く更新をするように心がけてください。

何か月も更新されていないブログでは、次も読もうという気にはなれません。

 

おすすめ情報発信方法3:SNS

2つ目のおすすめ情報発信方法は、「SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)」です。

SNSには、さまざまな種類があるので、それぞれの用途について以下にまとめました。

  • YouTube:動画で紹介する、視覚に訴えるような商品を宣伝したい時
  • LINE:ECサイトへのつなぎやメールのやり取りをしたい時
  • Instagram:見栄えのいい写真が撮影できて、一言添えたいたい時
  • Twitter:独特のキャンペーンを展開したり大きく拡散させたりしたい時
  • Facebook:ブログの更新や会社情報・自身の実績を載せたい時

世間に情報を拡散して認知度を高めたいときには、ぜひSNSを活用してみてください。

 

おすすめ情報発信方法4:紙媒体

最後4つ目に紹介するおすすめ情報発信方法は、「紙媒体」です。

紙媒体には、主にチラシやポスター・新聞紙が挙げられます。

チラシやポスターは、地域の情報を狭い範囲で周知したいときには最適です。

一方で、新聞紙は、宣伝するためにかなりの費用がかかるので、高額な商品や数をたくさん売りたい時におすすめです。

紙媒体は手元に置くこともでき、何度も見返せるので、イベント会場や開催日時を知らせたいときにはおすすめと言えるでしょう。

 

情報発信方法の選び方3つ

ここまで、情報発信の方法について紹介してきましたが、具体的にどの情報発信方法を行えば良いのか分からない方もいるでしょう。

そこでここでは、情報発信方法の選び方として以下の3つをご紹介します。

  1. 誰に向けて発信したいのか
  2. どんな情報を発信したいのか
  3. なぜ情報を発信したいのか

1つずつ順番に解説していきますので、情報発信方法の選び方について分からない方は、ぜひ参考にしてください。

 

1:誰に向けて発信したいのか

情報発信の媒体を選ぶときには、ターゲットを明確にすることが大切です。

知ってほしい人に伝えるにはその年齢層の人、もしくは団体やコミュニティに所属している人の目に触れるものを的確に選ぶ必要があります。

 

2:どんな情報を発信したいのか

どんな情報をを発信したいのかで、選ぶ媒体が違ってきます。

全国的に発信したいのであれば、新聞紙などの広告、若者を中心に流行を発信したいのであればYouTubeやInstagramなどのSNSが良いでしょう。

また、地域の小さなコミュニティで周知したいのであれば、チラシやポスターなどの紙媒体が良いです。

 

3:なぜ情報を発信したいのか

「そもそもなぜその情報を発信したいのか」ということも大切です。

「地域のお祭りに参加してほしいから」「商品を販売したいから」「団体のイベントに来てほしいから」などの理由に適した媒体で、情報発信を行うようにしましょう。

 

情報発信をする際の注意点

情報発信をする際には、個人情報の流出には十分注意しましょう。

特にSNSはセキュリティの問題だけでなく、ちょっとした写真からも個人情報を知られてしまう危険性があります。

そのため、発信する内容や写真・動画には、個人を特定できる情報は載せないように心がけることが大切です。

 

まとめ:情報発信方法を理解して質の高い情報を発信しよう!

今回は、おすすめの情報発信方法や情報発信方法の選び方・注意点を紹介してきました。

最後にもう一度、おすすめの情報発信方法4つをおさらいしておきましょう。

  1. Webサイト
  2. ブログ
  3. SNS
  4. 紙媒体

情報発信の方法にはWebサイトやブログ・SNSなどのインターネットを使ったものや、新聞紙やポスター・チラシをなどの紙媒体のものがあります。

個人情報の流出に注意しつつ、伝えたい情報を適切な媒体を選んで発信しましょう。

\記事が良いなと思ったらグッドボタンをポチッとな!/

  • この記事を書いた人

Mr.S

会社の代表やってます。

ブログアフィリエイトに関する著書
「1ヶ月たった2記事だけ!
月収130万円を稼ぐずるゆるブログ作成術」
は3つのカテゴリーで1位を獲得。

電子書籍出版に関する著書
「Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法」
についてもランキング1位を獲得。

指導者として活動しながら出来るだけ前線に立てるよう日々奮闘中。

おすすめ記事

1

この度、私の電子書籍の第5段となる書籍 【月400万円を稼ぐ情報発信ビジネスの極意:たった一人で月400万稼ぐノウハウの全て】 をリリースしました! アマゾンでチェックする   販売ページで ...

2

私の4冊目となる電子書籍、 「Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法」 をリリースしました! アマゾン販売ページはこちら   大好評を頂いており、 販売直後から1位を獲得 ...

3

読者のみなさん、お世話になっております! Mr.Sです。   この度、私の書籍第3段となる 1ヶ月たった2記事だけ! 月収130万円を稼ぐずるゆるブログ作成術 をリリースし、リリース直後に ...

-情報発信ビジネス

© 2021 パソビジ!