ビジネスマインド

ホワイト企業でも辞めたい理由4選!辞める前にやるべき3つのこと

この記事は「ホワイト企業に勤めているが辞めたい」「ホワイト企業を辞めても大丈夫だろうか」という方に向けて書かれています。

ホワイト企業に勤めているけど、辛いことも多く辞めたいという方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ホワイト企業を辞めたいと思う理由4つと、ホワイト企業を辞める前にやるべきこと3つを解説します。

記事を読むことで、今勤めているホワイト企業を辞めるべきかどうかが分かるので、ホワイト企業を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

 

ホワイト企業でも辞めたいと思う理由4つ

ホワイト企業でも辞めたいと思う時がありますよね。

そこでここでは、ホワイト企業を辞めたいと思う理由を紹介していきます。

ホワイト企業を辞めたいと思う理由の中でも、特に多いのが次の4つてす。

  1. やりがいがない
  2. 出世が難しい
  3. 将来に希望が持てない
  4. 人間関係が悪い

これら4つは案外辛いと感じる人が多いでしょう。

1つずつ順番に解説しますので、ホワイト企業でも辞めたいと思う理由について詳しく知りたい方はぜひお読み下さい。

 

理由1:やりがいがない

ホワイト企業だとやりがいがなくて辞めたいと思う人はいます。

なぜなら、ホワイト企業は一人に与えられる業務量が少なく、仕事において成長を求めている人の場合、業務量の少なさに不満を抱いてしまうからです。

たとえば、エンジニアとして将来独立したいのに、思っていた以上に仕事量が少なくてスキルが身につけられないなど。

こういった方は、業務量も多くて多少ハードなベンチャー企業の方が合っているのかもしれませんね。

このように、やりがいが感じられないことで、ホワイト企業を辞めてしまう場合があります。

 

理由2:出世が難しい

出世が難しいという理由で、ホワイト企業を辞める人もいます。

ホワイト企業は離職率が低く、その上優秀な人材は余計に会社を離れないため、中々役職のポストに空きが出ず、出世のチャンスが少ない場合があるでしょう。

たとえば、30代で管理職を目指している場合、実現できるかどうかは企業次第なところもあります。

このように、出世が難しくてホワイト企業を離れる人も多いです。

 

理由3:将来に希望が持てない

将来に希望が持てないという理由で、ホワイト企業を辞める人もいます。

残業も少ないし給料も悪くないが、「この会社で一生を終える自分を想像すると憂鬱に感じる…」という方は案外多いのではないでしょうか?

たとえば、自社開発企業で自社製品の開発ばかりをしているが、もっと別の製品開発にも関わってみたいなど。

将来に希望が持てないというのも、ホワイト企業を辞める原因の1つでしょう。

 

理由4:人間関係が悪い

人間関係が悪いというのも、ホワイト企業を辞める大きな理由です。

人間関係が悪かったり会社の空気に馴染むことができなかったりすると、どんなに労働環境が良い会社に勤めても楽しく働くことができず、会社を辞めたくなってしまいます。

たとえば、会社に同世代の人間が少なく、一緒に昼ごはんを食べたり休憩時間に話す人がいなかったりすると人間関係が悪くなくても居心地の悪さを感じるでしょう。

そのため、仕事内容が自分に合っていたとしても、辛く感じてしまいホワイト企業でも辞めてしまうのです。

 

ホワイト企業を辞める前にやるべき行動3つ

ホワイト企業を辞めたい場合、無理して続けず転職するという道もあります。

どんなホワイト企業でも、自分にとってプラスでないと感じるなら、他の会社に転職するという選択は決して間違ってはいません。

ただし、ホワイト企業を辞める前にやるべきことがあります。

ホワイト企業を辞める前にやるべきことは次の3つです。

  1. いきなり会社を辞めず副業を行う
  2. 会社の外のコミュニティに所属
  3. やるべきこととやらないことを決める

これらをやっておくことで、ホワイト企業を辞めた後に後悔しにくくなります。

1つずつ順番に解説しますので、ホワイト企業を辞める前にやるべきことについて詳しく知りたい方はぜひお読み下さい。

 

行動1:いきなり会社を辞めず副業を行う

ホワイト企業を辞める前に、副業を行うことをおすすめします。

なぜなら、いきなり会社を辞めて自分のやりたかった仕事をしてみたところで、自分に合わなかった場合に収入源がゼロになってしまうからです。

そこで、会社を辞めずに副業で自分のやりたい仕事を経験することで、自分に本当に向いている仕事なのかどうかが分かります。

たとえば、Webデザイナーをやりたい場合、会社を辞めなくてもクラウドソーシングなどで案件を受注して、副業として仕事ができるでしょう。

そのため、ホワイト企業を辞めたいと考えている方は、いきなり会社を辞めずに副業を行うことを検討してみましょう。

 

行動2:会社の外のコミュニティに所属

ホワイト企業を辞める前に、会社の外のコミュニティに所属しましょう。

なぜなら、会社の外のコミュニティに所属することで、自分の会社内の常識とは別の常識に触れられるからです。

会社によって常識というのは変わるため、転職した人が外の世界の常識に対応できないことはよくあります。

たとえば、Facebookで募集しているイベントに参加したり、Twitterで同じ趣味の人と知り合ったりしてみてください。

会社の外のコミュニティに所属し、異なる常識に触れてから転職した方が次の転職先でも素早く対応できるようになるでしょう。

 

行動3:やるべきこととやらないことを決める

ホワイト企業を辞める前に、やるべきこととやらないこと、を明確に定めましょう。

なぜなら、やるべきこととやらないことを明確化させないと、また転職を繰り返すことになるからです。

一度ならともかく二度も転職を繰り返すと、ホワイト企業に勤めていたときより、かなり給料が下がってしまう可能性があります。

たとえば、「ハイレベルな開発がしたい」「残業はしてもよい」「休日出勤はしたくない」「飲み会には参加したくない」など箇条書きで良いので書いていきます。

このようにして、やるべきこととやらないことのリストを作ることで、自分の目的に合った会社を見つけられるでしょう。

 

ホワイト企業を辞めたら後悔する?

ホワイト企業を辞めたら後悔しないか、気になる方も多いでしょう。

結論を言うと、ホワイト企業を辞めたら後悔する人も多いです。

特に、勢いだけで辞めてしまうと、自分がどれだけ恵まれた環境で働けていたのか実感することもあります。

なぜなら、元々ホワイト企業で働いていた人が、それ以上の良い職場を探すのは難しいからです。

また、転職に失敗してブラック企業に勤めてしまう可能性もあるでしょう。

そのため、ホワイト企業を辞めて転職する場合は、ホワイト企業を辞めたら後悔する可能性もあることは心に留めておくべきです。

 

ホワイト企業を辞めるかどうかの基準

ホワイト企業を辞めるべきか、迷っている方も多いでしょう。

そこでここでは、ホワイト企業を辞めるかどうかの基準を紹介します。

ホワイト企業を辞めるかどうかの基準は、辞めて失敗しても「後悔はない」と自分で言い切れるかどうかです。

後悔する可能性が少しでもあるなら、転職しない方が良いと言えます。

「後悔はない」と言い切れるなら、ホワイト企業から転職する道も考えましょう。

 

まとめ:自分がやりたいことを整理しホワイト企業を辞めるか決断しよう

本記事では、ホワイト企業を辞めたいと思う理由と、ホワイト企業を辞める前にやるべきこと、について解説しました。

あらためて、ホワイト企業を辞める前にやるべきことをおさらいしておきましょう。

  1. いきなり会社を辞めず副業を行う
  2. 会社の外のコミュニティに所属
  3. やるべきこととやらないことを決める

ホワイト企業を辞めたいという気持ちは、決しておかしくはありません。

良い会社かどうかというのは、その人の価値基準によって変わるものだからです。

ただし、いきなり辞めるのではなく、しっかり準備を行ってからにしましょう。

\記事が良いなと思ったらグッドボタンをポチッとな!/

  • この記事を書いた人

Mr.S

会社の代表やってます。 ブログアフィリエイトに関する著書 「1ヶ月たった2記事だけ! 月収130万円を稼ぐずるゆるブログ作成術」 は3つのカテゴリーで1位を獲得。 電子書籍出版に関する著書 「Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法」 についてもランキング1位を獲得。 指導者として活動しながら出来るだけ前線に立てるよう日々奮闘中。

おすすめ記事

1

この度、私の電子書籍の第5段となる書籍 【月400万円を稼ぐ情報発信ビジネスの極意:たった一人で月400万稼ぐノウハウの全て】 をリリースしました! アマゾンでチェックする   販売ページで ...

2

私の4冊目となる電子書籍、 「Kindle出版で月20万以上の副業収入を現実的に得る方法」 をリリースしました! アマゾン販売ページはこちら   大好評を頂いており、 販売直後から1位を獲得 ...

3

読者のみなさん、お世話になっております! Mr.Sです。   この度、私の書籍第3段となる 1ヶ月たった2記事だけ! 月収130万円を稼ぐずるゆるブログ作成術 をリリースし、リリース直後に ...

-ビジネスマインド

© 2021 パソビジ!